Tips

ソフトシンセを活用しよう – 選び方のポイント

DAWで制作をしている場合、ひとつ上のサウンドを目指すためには、DAWに内蔵されているデバイスだけではなく、外部のプラグインを使用するという方法があります。

特に、ソフトシンセと呼ばれるシンセサイザープラグインは、高いサウンドクオリティや使いやすいユーザーインタフェースによって制作効率のアップや、インスピレーションを得る機会の増大が期待できます。

 

入手方法
メーカーのオンラインストアで入手する
海外の総合販売サイトで入手する
国内の代理店で入手する
入手する際のポイント
ソフトの情報や評判を調べる
無料版を試す
クーポンやセールを活用する
初心者にオススメのソフトシンセ
Serum (Xfer)
Diva (u-he)
Legend (Synapse Audio)
Thorn (DS Audio/Brainworx)

 

入手方法

主に下記のような方法で入手することが可能です。

なお、メーカーのオンラインストアや総合販売サイトは英語サイトである事が多いため、わからない内容は翻訳ソフトなどを使用するなどして確認をおすすめします。またクレジットカードの利用が必須の場合が多いことにも注意しましょう。

▼ メーカーのオンラインストアで入手する

開発元のメーカーにオンラインストアがある場合、そこから購入をする事が可能です。使い方のポイントやチュートリアルなども販売ページに掲載されている場合が多いので、購入に際して検討をする際にも役立ちます。

▼ 海外の総合販売サイトで入手する

海外には複数のメーカーのソフトシンセを販売している総合販売サイトがあり、複数メーカーのプラグインをまとめて購入したい際などに便利です。また、クーポンが配布されたり、ポイントが貯まったりするという利点もあります。

Plugin Boutique
https://www.pluginboutique.com/
取り扱う商品の種類が豊富なことで有名な定番総合販売サイトです。

Plugin-Alliance
https://www.plugin-alliance.com/
高品質のプラグインや、インディープラグインメーカーの商品が購入できます。
クーポンをよく配布しているのも特徴です。

▼ 国内の代理店で入手する

海外のソフトシンセを代理販売している日本国内の代理店も存在します。日本語でのサポートなどを受けられる可能性があるので、狙っているソフトシンセを扱っている国内代理店があるかを購入の際に検索してみましょう。

 

入手する際のポイント

買ったあとに後悔をしないよう、また、適切な価格で購入できるよう、下記のようなポイントを押さえておくことをおすすめします。

▼ ソフトの情報や評判を調べる

ポジティブな内容とネガティブな内容、両方を参照することがおすすめです。

まずはメーカーの公式な紹介内容を一読してみましょう。

加えて、最近はプラグインのレビューをしているYouTuberやブロガーが多く存在するため、そのような人達による動画やブログ記事を参照してみましょう。特に、実際にそのソフトシンセを使ったデモをしている動画などは非常に参考になります。

また、余裕があれば、TwitterやInstagramなどでそのソフトシンセの評判を検索してみるのも、端的かつ本音ベースの評判を探しやすいので有効と言えるでしょう。

▼ 無料版を試す

メーカーによっては、無料のデモ版や、期間限定で無償でフルバージョンが使用できるプログラムを用意している場合がありますので、トライしてみましょう。

前項で紹介している総合販売サイトでは、このような用意がない場合もあるので、メーカーのサイトを確認してみることをおすすめします。

▼ クーポンやセールを活用する

ソフトシンセやプラグインメーカーではランダムにセールが開催されることがありますので、メーカーのSNSをフォローしたり、メールマガジンに登録するなどして、情報を見逃さないようにしましょう。また、毎年、ブラックフライデー(11月の第4金曜日)周辺にはメーカーや総合販売サイトで大規模なセールが実施されるので、ほしいものをまとめてチェックしておいて、この時期に一斉購入することもおすすめです。

 

初心者にオススメのソフトシンセ

今回は、ソフトシンセをあまり使用したことがない人にもオススメの商品をいくつか紹介します。自分の用途に近いものをまずはセレクトしてみましょう。
※()内はメーカー名です

▼ Serum (Xfer)

https://xferrecords.com/products/serum
EDM系でよく使われる定番シンセで、パワフルでクリーンなサウンドが特徴です。
直感的に操作できるインターフェイスも非常に高い評価を受けています。
定番シンセのため、数多くのサードパーティーによるプリセットを後から購入・入手して追加できることも魅力です。

 

なお、Serumは国内代理店からも購入できます。
https://sonicwire.com/product/99927

 

▼Diva (u-he)

https://u-he.com/products/diva/
アナログシンセのような太く、通好みなサウンドが特徴です。
ダンスミュージック全般に活用できるため、困ったときに使いやすいシンセと言えます。

Serum同様に直感性の高いインターフェイスも特徴です。

 

Divaも国内の代理店からの購入が可能です。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/235017/

 

▼Legend (Synapse Audio)

https://www.synapse-audio.com/thelegend.html

Moogのような分厚いサウンドを得ることができます。一部では、実機と区別がつかないも評されるほど高クオリティを持つことが特徴です。

 

▼Thorn (DS Audio/Brainworx)

https://www.plugin-alliance.com/en/products/ds_thorn.html
パワフルかつエッジの効いたデジタルサウンドが特徴です。
インターフェイスに関しては、アルペジエイターが非常に秀逸なため、フレーズ作成のインスピレーションを得るのに役立ちます。

 

ソフトシンセを活用して自分の作品をアップデートできたら、Spinnupにサインアップして全世界へ配信しましょう。また、ハードウェアを使用した制作のコツや、Ableton Liveの紹介記事なども是非チェックしてみてください。